プロフィール

Hiro

Author:Hiro
このブログはサンフランシスコ大学にてアシスタントアスレティックトレーナーとして働いているHiroによる、スポーツ発展途上のブログバージョンです。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポーツ発展途上
スポーツ発展途上のブログバージョンついに誕生!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケースレポート:RU Joint Instability 続き
少ないが反響があったので少しだけこのケースレポートを詳しく追求してみることにしました。まず先のレポートで「ulnarがsupinationしたときに正常な場所に」とありますが、正確には一番筋肉がリラックスした状態でなおかつTFCCに負担をかけない(TFCCはTriangular Fibrocartilage Complexです-分からない方は調べましょう)状態になるのでRediusが一番自然治癒を促すことができるのがSupinationでの固定となるということです。それではもしNutralやPronationの状態であるとUlnarとRadiusはスパイラルの状態になっているのでRadiusとUlnarをつなげているTFCCに負担をかけていると考えられます。MOI(Mechanism of Injury)は詳しくは分かりませんが、Hypersupinationでないかと考えられます。またEvaluationではSupination時で痛みが増すのはRediusがDorsalに動いている時で、逆にPronation時で痛みが増すのはRediusがPalmarに動いている時だと考えられます。もちろんFlexionやExtension、UlnarやRadius Deviationでも痛みがでますが、特に今回の場合はFlexionとRadius Deviationで痛みが顕著に見られました。そして、Supinationにいたっては全く出来ませんでした。通常のWrist Sprainであれば(HyperextensionやHyperflexion)であればSupinationやPronationでこれほどの痛みが出るということはないと考えられるので、ここがポイントになると思います。応急処置としては、このケースでは直ぐにX-rayを取ることが分かっていたので、SAM SplintでNutralな状態でAceで固定してSlingをしただけです。もしATRに戻るのであるならばOrthoplastなどで固定してSlingだと考えられますが、痛みが顕著なので何かないかぎりは直ぐにドクターに診てもらうのが一番だと思います。ちなみにもしそのままにしたとするとInstabilityができるのでFlexsionやExtension、Supinationなどで痛みがいつまでも残るようです。最後に、ERの次の日にドクターへ行ってX-rayとMRIを撮り、その時にFull Castを半分に切ってもらってその半分を固定としてROMのエクササイズをしました。その3日後にはまだFull Supinationは出来なかったですが、痛かったようですがFullの状態を保って肘より上のキャストをしました。とここまで長い説明になってしまいましたが、この怪我に関しては通常の授業では深すぎるので習わないと考えられますが、頭の片隅に入れておくと何かの時に役に立つかもしれませんね。
スポンサーサイト
ケースレポート:RU Joint Instability
サッカー選手、男子、20歳、ポジション:フォワード、局部:右手首
試合中にゴールキーパーと接触し、バランスを崩しフィールド外の人工芝がなくコンクリートが剥き出しの場所で転倒。試合後、Supination時の極度の痛み、Distal Ulnarの痛み、TFCCの痛み、明らかなDeformityは見られないがDistal Ulnar Sideの浮腫。

ERにてX-ray、明らかな骨折は見られないものの、RadiusとUlnarの間が少し開いているのが気になるので肘より上でキャストをして、次の日にチームドクターのオフィスでフォローアップ。右、左を痛みがあるができるだけSupinateした状態で同じ角度でX-ray。明らかに右の方がRadiusとUlnarの幅が広いのと少しUlnarがDorsalに少し動いているのが分かる。MRIではDistal Ulnarに小さな骨折を確認、UlnarのSubluxationとの診断。この時点ではまだ完全にSupinationができないので、Supinationが完全にできるようになってから肘より上のキャストを4~6週間するということ。Supinationの状態で固定するのはUlnarが正常なところに収まるのがSupinationをした状態だからということ。ちなみにこの選手、右が利き腕なのだが右手を固定してしまった為にペンで書くという作業が出来なく授業もコンピュータを持って行って打ち込んでいるとのこと・・・。
悩み
怪我をしている野球部の選手の一人にどのような説明をしてもどうしても自分のやりたいようにしか出来ないつわものがいます。怪我は肘の内側側副靭帯の部分損傷なので、野球選手にとっては非常に重要な部分なのですが、この選手はその重要性を分かっているのかどうなのかは分かりませんが、話していること以上のことをいつもやってしまいます。この怪我が初めてではないので分かっているのですが、どうしたら言うことを聞いてくれるのか悩んでしまいます。怪我の詳細に関してはここでは触れませんが、今までドクター、私、ヘッドアスレティックトレーナーが何度も怪我について、リハビリについて説明しているのだが頭に入っているのだろうか疑問です・・・。コーチとも話をしてとりあえず一度は落ち着いたのだが、それも1週間ももたずにまたいろいろと自分で突き進んでいる・・・。まったくここまで来ると馬鹿?としか思いようがないのであるが、何かあればメディカルを受け持っている私達に降りかかってきてしまうので毎日怪我のレポート、そして彼が何が出来るかということ、そして何をしたかということを書き残している。皆さんこんな選手に出逢ったことがありますか?
月曜日
今週の月曜日は木曜と土曜日に男子サッカーの試合があったこともあり落ち着いた日でパニックになることはなかった。忙しくやることがいっぱいあったのだが、野球部は全体練習が終わっていることと、男子サッカーも練習がなかったのは幸いだった。そこで今日の一日、朝からお昼1時過ぎまで男子サッカーと野球部のリハビリ。それから、サブウェイまでサンドイッチを買いに行って、2時頃には昼食を済ませてオフィスにてペーパーワーク、そして野球部、男子サッカーに怪我のレポートをメールして男子・女子ゴルフのコーチには電話でのレポート、ライフルコーチとは5時前にミーティング。5時少し前にドクターが来たので少し早くドクタークリニックを始めて午後6時くらいには家に帰ってきたのではないだろうか?
ふとん
偶然にも同じ日にドアマンさんもベットを買っているのを彼のブログで知ったのだが、つい2日くらい前にシーツを家の近くに買いに行きました。シーツは持っていたのですがどうやら冬用なので寝ていると暑かったのです。買おうと決心したのですがお店に行くとセールをしているではないじゃないですか!ということで質の良いシーツセットとマットレスカバーまで買ってしまいました。マットレスカバーまでは買う予定ではなかったのですが、セールというのは怖いですね。そのかわり、今までの人生の中で一番寝心地が良いベットに生まれ変わりました!
月曜日
週初めだというのに相変わらず忙しい。怪我人が週末に出たこともあるが、やらなければいけないことはつきないのが大変である。それにミーティングがあったりとやりたいことがなかなか進まないのである。今週は変則な週で、男子サッカーの試合が木曜と土曜日なので日曜日は?今学期初めての??なんて期待もしているが男女バスケも始まっているので大変なことは変わりそうにない・・・。
16時間労働
木曜日から2チームが遠征のために学校に残るスタッフATCは私だけとなっていました。そして、皆さんも知っての通りバスケットが正式にスタートするの金曜夜から、ということで今週末はかなりの激務になってしまいました。金曜日は仕事場には午前9時に入り、通常の日をすごし午後6時から男子サッカーをカバーして午後10時から男子バスケのMid Night Madnessをカバーしました。学生トレーナーが気にしてくれかなり助けてくれたので負担はかなり少なくてすんだのですが、男子サッカーがダブルオーバータイムになってしまったので休憩時間が全くなくなってしまいました・・・。帰りはいつも歩いて家まで帰るのですがサンフランシスコでは珍しく雨!傘なしで雨に打たれながら帰り寝床に入っても仕事のリズムが抜けないのか、40分くらい寝れなかったのですが、きっと午前1時くらいには寝付いてたと思います。朝は午前7時前に起きて朝から男子バスケット、男子サッカー、女子バスケットの練習をカバーしながら3人の野球部のリハビリをこなしていたので疲れましたね。今日の午後にヘッドが帰ってきたので、もう一人ATCが必要だ!ということを話して珍しく昼寝しました。このアスレティックトレーナーという仕事、本当に好きでないとできないできないと改めて感じました。今から勉強しようと思っている人、勉強している人、もう一度本当にやりたいものは何か考えてみて下さいね。
三振
エンジェルスとホワイトソックスの第2戦をテレビ観戦していましたが、もの凄い終わりでしたね!選手や関係者であれば絶対に後の残るサヨナラだったので思わず考えてしまいました。9回裏2アウトから三振したかに見えたのですが、降り逃げ!しかもリプレイでは明らかにワンバウンドしていなかったですね。そして、主審もストライクコールの後にアウトとコールしている感じですが、そこまでは音がないのでわからないですが、キャッチャーはそのままマウンドに転がしてしまいました。しかししかし、主審はワンバウンドしたとして降り逃げ成功・・・。もちろん口論の為にマネージャーが出て来ましたが実らず。アメフトやバスケットなどではビデオリビューが当たり前になってきている中で野球はいつまでの異色な部分を持つのはこんな人間くささもあるのですかね?
すっきり?
南カリフォルニアへの遠征は2連勝でサンフランシスコに帰ってくることが出来ました。サンディエゴ戦は通年はフィールドが荒れているシーズン後半なのですが、今回はなかなか綺麗なフィールドで皆やりやすそうでした。試合自体は3-0だったのですが、どちらに転んでもおかしくない試合だったので今週末もまた選手には頑張ってもらわないといけないですね。というのも、フルタイム3人の我が大学では今週末は他の二人が木曜から遠征に出るので木曜午後からずっと私一人ということに・・・仕方がないですが忙しくなりそうです。
劇的勝利
久しぶりに知り合いにロスで逢うことができ私のお腹の調子が悪いことを除いてはとても楽しいロスへの遠征を終え今はサンディエゴに来ています。その知り合いが一緒に見守ってくれたLMUとの男子サッカーの試合ですが前半は5分5分、後半は押されっぱなしで残り3分で痛恨のファールによるPK・・ちなみに先ゲームは同じような形での残り2分ほどのファイルからのPKによる1-0の負けなので、まさに絵に描いたような同じ状況。だが、このPK見事にゴールキーパーが止めてくれ、残り42秒のところでコーナーからのフリーキックに頭で合わせて1-0の大逆転勝利!さすがに興奮してしまいましたね。明日はもう少しよりリズムで点を重ねて早くサンフランシスコに帰りたいものですね。
快晴

今日も天気は良かった!やはり太陽があるというのは良いですね、ただちょっと風邪は肌寒いけどね・・・。ということで、ちょっとテレンコ走ってまいりました。今回は学校からマリーナと呼ばれる地域のほうまで言ったんですが、この経路は当分の間は封印します。というのも、坂や階段が多すぎです。こんどはゴールデンゲートパークの中を少し探索してみようと思うが、今度の木曜日からロスとサンディエゴへの遠征なのでサンフランシスコでのテレンコは今日が今週は最後だっただろう~遠征中も一度ずつテレンコできることを祈って一様持つものは持っていこうと思う!ロスでは日本から来ている人に逢いたいのだがお互い車という足がないのでどうなることやらというところである・・・ヘルプ求む(笑

テレンコ走り
私のホームページの右上にもある脂肪燃焼苦楽部の非公式会員として?最近暇を見つけては運動するようにしている。これはわたしが大学院を卒業するとしにいろいろと病気を立て続けにしたことにも影響しているが、この暇を見つけてというところが結構大変なもので、時間は作らないとなかなかないものである。絶対しなければいけないと迫られているわけではないので何かを見つけては運動するようにしている。先週の金曜日はバスケットを久々にやってきました。そして、今日はテレンコ40分ほどサンフランシスコをランニングしてきました。道順は家からBalboa stを西へ34thまで、そして北のGearyまで行った後にPacific Cafeというところを覘いたのだが、このGearyまで行く間の34thでは日本人の母と息子だと思うのであるが、母の日本語での1、2、3という声にあわせて子供が一生懸命縄跳びをしていたのにはほのぼのさせられた。そして、Gearyを11thまで来たところで車も人も多くなったので南のAnzaまで行き、Arguelloから公園を通って家まで帰ってきた。不思議と今日は少し力が余っていたのだが頑張りすぎても続かないので今日はこの辺でやめてみた。一つ違ったことといえば常に股擦れに悩まされるのだが、今回はハーフパンツの下は何もはかずに行ったら体調の助言通りひどくらなずにすんだ!これなら続けられるかも?今、無理無理って思ったでしょう?数は少なくても頑張ってみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。