プロフィール

Hiro

Author:Hiro
このブログはサンフランシスコ大学にてアシスタントアスレティックトレーナーとして働いているHiroによる、スポーツ発展途上のブログバージョンです。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポーツ発展途上
スポーツ発展途上のブログバージョンついに誕生!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術 鼠径ヘルニア
前から知っている人がいたかもしれませんが、私自身も米国で鼠径ヘルニアの手術を6月22日にしました。ということで、私も経験者の経過や正直な感想などが毎回大きな心の支えになっているので、今回の経過についても公開しておこうと思います。

今は4日目でかなり落ち着いてゆっくりしております。

6月22日 1日目
前日の午後10時には最後にお水を飲み終える。(手術をする前は基本的に1週間前には薬を飲まないようにして、8時間前には何も口にしない)朝5時45分には起きて6時15分には家を出て、歩いて午前6時半には病院に直行。そのまま着替えて7時15分には一通りを終えて、手術室のあるフロアーに移動してリカバリールームへ移動。そこで、ナースや麻酔師やドクターと会って、午前7時45分くらいには手術ルーム8へ移動。そこで横たわって、もう少し上に来て下さい!といわれて動いたのが最後に覚えていることでしょうか?手術は従来の方法で、メッシュやプラグではなく膜を縫い合わせて穴を埋めるという方法でした。手術したのは左側の下の鼠径ヘルニアです。起きたら、午前10時くらい?でリカバリールームに来ていました。そこから11時半くらいには病室に移動して、午後12時からはうとうとしながらも日本対ブラジルの試合を見ていましたが3点目を入れられたところで沈没して寝てました。起きたら、今度はトイレで尿がでないと帰れないということで、3度何度かに分けてトライして、午後5時ころにやっとシャワーの音とともにすることができて無事に?家に帰れるかと思いきや、痛み止めでもらったPercocetが強すぎたらしく、移動中に嘔吐・・・何も食べていないので、お水だけです・・・。歩くのもやっと?という感じなのに退院しちゃっていいの?やっぱりここはアメリカ、退院です。

その後、自宅になんとかもどり、体調は良かったのですが、半粥を食べた後に飲んだVicodin(今度は違う薬)が強かったのか、またも嘔吐・・・。結果として、私にはCodone系の薬は体に合わない?ということで、飲むのをやめました。そう、VicodinはHydrocodonePercocetはOxycodoneということで、Codone系なのです。

そこで、NSAIDのAcetaminophenだけを1日のMAXである4gまで飲むことにしました。日本では通常入院なので痛み止めは基本的には注射で与えられます。そうでない場合はVoltarenが多いようですね。

その夜はトイレには行くのですが、腹圧がかけれないからか、ちょろちょろとしかでないので結局2時間おきくらいに起きてトイレに行くというということの繰り返しでした。
スポンサーサイト
米国にて子供の野球監督兼カウンセラー募集
今年7月31日から8月9日までアメリカに住んでいる人で子供の野球監督兼カウンセラーという形でSt. Louis,MOにて一緒に子供と過ごしてくれる人を探しています。この団体は毎年日本から選抜された数チームを引き連れて、St. Louisにて試合を数十年以上続けています。また、日本からも何人かスタッフが来ますので、小学生または中学生のレベルのチームについて監督兼カウンセラーという形になります。*監督としての経験や知識がなくても、野球の知識と経験があれば十分です。

応募対象:組織的な野球経験が日本またはアメリカである人
日本語、英語が堪能な人
子供と接するのが好きな人

報酬:St. Louisまでの米国内からの交通費
滞在中の食事・滞在先(基本的にはホームステイ)
お小遣い程度の報酬

応募方法:こちらから、簡単な履歴、電話や住所の連絡先、野球経験、年齢、アメリカ滞在年数を必ず記載の上、メールにてお願いします。

グラフィックデザイナー募集





グラフィックデザイナーとして働いている、または勉強中の方で上記のような簡単な作業ができる方を探しています。報酬については正式には決まっていないのですが、単発で少しだけという形になってしまいますが検討していますので、学生の方には最適かと思われます。

サンフランシスコ、または周辺在住で興味がある方は、是非一度ご連絡下さい。宜しくお願い致します。

就職情報
私が以前にインターンをしていた東芝男子バスケットボールチームが通訳兼アシスタントアスレティックトレーナーを探しているという連絡を受けています。給料も契約社員としての年齢に応じたものと能力給があるようですので、内容的に悪くないと思われます。ATCを取得していて日本に今年6月、7月には帰る予定がある人、また、ATCで日本にすでにいる人で興味がある方は、まず私の方までメールにてこちらからご連絡下さい。

また、MLBシカゴカブスのMesa、AZでのSummer Internを探しているという話も聞いています。詳しい話はこちらは分からないのですが、ATCになっていて、野球に興味がある方には最適な初めの一歩だと考えられますのでこちらからまずご連絡下さい。

終了
担当スポーツの野球部ですが、NCAA Regionalで残念ながら負けてしまい今シーズンは正式に終了して、ネブラスカ州から帰ってきました。早速、選手の夏の準備をしたりと水曜日くらいまでは忙しくしていそうです。今シーズンは期待されながら始まり、5勝11敗から最後は怪我人が多くいる中も盛り返してNCAAに出場することも出来ました。その様子が全国紙のUSA TODAYに載ったのも今シーズンの大変さが伺えました。(半分は怪我についてでした)

http://www.usatoday.com/sports/college/baseball/2006-06-01-notebook_x.htm

そんな中、今日はMLBドラフトがあります。今年も何人かがドラフトされるので、少し楽しみにしています。Good Luck

さてさて、NCAAでは少し忙しくしていたので様子を更新できなかったのですが、基本的には他の試合と変わることはなかったですね。怪我人も一緒に来たので試合前にリハビリをしたりしていたので余りいろいろとする時間がありませんでした。違ったのは行き帰りの飛行機がPrivate Jetだったこと。MLBやフットボールなどは普通の飛行機ではなくこんなPrivate Jetを使うんだな~なんて思いながら広いシートで爆睡していました。ホテルも中庭があり、そこに水が流れていてアヒルが二匹いたのにはちょっと驚きましたね。球場も良いところでしたが、それ以上にNebraskaの満杯の8500人の応援に声も消されてしまっていて、選手もコミュニケーションに大変そうでした。そのNebraska Game中にキャッチャーがハムストリングをつってしまい、Nebraskaの攻撃中、ランナー1、2塁、1アウト、ブーイングの中ストレッチとマッサージを1分くらい?やったのは凄く長く感じましたね。きっとテレビ中継泣かせになったでしょうが、時間を掛けさせて頂きました。最後はピッチャーを温存したのがいけないのかManhattanに負けてしまい、もう1試合はプレーを見ていたかったと感じましたが、選手達と大変ながらも良いシーズンをおくらせて頂きました。1月12日からシーズンが始まってから62試合、今日まで休んだのは2日間のみでしたので、選手を学校から送り出したらコンベンションくらいまでは休みますかね。その後はいろいろとやらないといけないこと、やりたいことがあるのですが今のところ秘密です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。